尋常でないくらいに美味しい炭火焼肉!

niku-tarashi.com

 

Nさんという熊本から通院している患者さんから「先生、本物の美味しい焼肉食べさせてくれるところがあるんだけど、今度熊本に来ることがあったら連絡して。連れて行ってあげる。間違いないから!」と言われました。

 

 ちょうど、来年の10月に熊本で大学の同窓会があってそのお店も決めなきゃいけないし・・・なによりNさんとは、お仕事を越えたところでいろんなお話しをするのがいつも楽しみなので、早速、この週末を利用して熊本に行ってきました。

 

「にくたらし」というお店でした。

凄い名前に驚きましたが、蔵のような店構えで、何とも落ち着いた店内です。

 

そこは七輪が出てきてテーブルの上で、お肉を焼いて食べるというスタイルなのですが、 まあー、それがそれが・・・・これまで私が想像を超える味でした。

なんというか脂っぽくない。

あっさりしている。

 信じられないくらい。

 

本当に、これが牛肉なの?というくらいカルチャーショックをうけました。

よく、ほっぺが落ちる、という表現が使われますが、そんな表現がぴったりの体験でした。

 

f:id:tsuchankaranotegami:20200113140515j:plain

シャトーブリアン

f:id:tsuchankaranotegami:20200113140609j:plain

 

これがコースの始めに出てきたのですが、もう絶品すぎて文章にどうやって表現してよいのか、まったくわかりません。今まで味わったことがないくらいのおいしさで、頭の中が混乱してしまいます。

 

f:id:tsuchankaranotegami:20200113140653j:plain

うわー!

まるでお刺身です・・・・

口に入れたら本当に溶ける。

うわー!すごい!本当にすごい!

 

きっと筋繊維がすべてそろっているところをみると切る方向には間違いなく、こだわりがあるに違いありません。

 

鼻に抜けるお肉の良い風味がまた素性の良さが理解できます。

 

そう、思っていたら、隣の席の、若い男女お二人。

 

「こんなやわらかいと、歯が無い人だって食べれるよね!」という声が耳に入ってきました。

 

確かに、この柔らかさであれば、舌だけで味わって、そのまま嚥下できるかもしれません。なるほど。

 

しかし、私はついつい、その辺りが、まだ人間ができておらず、こう思ってしまうのです。

 

「歯でお肉の筋肉繊維を確かめながら食べた方が絶対においしいに決まっている!」と。

 

歯の役割は食べ物を噛み、嚥下する大きさまでに食塊を形成するだけのものではなく、歯と歯をささえる顎骨の間には歯根膜と言って、とても大事な感覚受容体があって、それを脳が察知して、噛む力をコントロールするのですよ~、だから歯は食べる時にはより一層食べ物のおいしさを引き立たせるためにとても重要なアンテナのような役割もしているんです!・・・・たとえ自分の歯が無かったとしても、インプラントで咬合を回復することで、食べる時の咀嚼筋運動と咬合によって、唾液の分泌を促したり、口腔全体の頬粘膜や、舌下部、口蓋に至るまで、食塊が形成される過程で、食べる感覚は格段に違ってくるのです。

 

それは私が奥歯を2本無くしただけで、その体験を十分に味わっています。

 

たった2本のインプラントを入れて、咬合が回復されたとたん、急に食事が楽しく、そして味に変化が起きたことが今も思い出されます。インプラントを入れて初めて食べた食事の味には感動したのです。

 

(※健康な天然歯に比較すると、インプラントには歯根膜は存在しないので、歯周病に罹患していない健康な天然歯のほうが、「歯ごたえ」という感覚においてはインプラントより前者の方が優れています)

 

「実はですね、歯が無いよりあったほうが、絶対いいのですよ」と横からお節介をしたかったのですが、ここで薀蓄たれるとせっかくのいい雰囲気ぶち壊れます。

 

もしかしたら、このお二人にとってはお誕生日のお祝いか、結婚記念日なのかもしれませんので、そこで隣の席のオジサンから乱入されたら、いい気持ちはしないに違いありません。

 

しかもNさんからお招きしていただいているのに、Nさんが変な客連れてきた、なんてお店の人に思われたらNさんにも迷惑がかかります。

 

ここは、ギリギリのところで、思いとどまりました。

 

そこからは、ひたすらNさんとおいしい肉を食べる事に集中することにしました。

こんなにおいしいと本当に口に肉を入れている間は、話ができません。

 

 

f:id:tsuchankaranotegami:20200113140933j:plain

厚切り牛タン 

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141028j:plain

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141105j:plain

牛タンはおかわりしました!

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141225j:plain

七輪焼きです。でもシャトーブリアンはお店のシェフが焼いてくれます。

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141326j:plain

また、このわいんが最高にあうのです。店内にソムリエの方が。これはソムリエが選んでくれました。

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141502j:plain

卵に絡めて食べる・・・・お肉

f:id:tsuchankaranotegami:20200113140832j:plain

焼くのも炙るくらいがいいのです

f:id:tsuchankaranotegami:20200113141707j:plain

これがデザート! これも素晴らしく美味しかった!

そんなわけで、悶絶するほどの美味しい焼肉を食べてまいりました。

 

なんでも宮崎県の尾崎牛といって、かなりプレミアムなお肉だそうです!

 

こんなに美味しいお店を紹介してくれたNさんには感謝してます。

 

本当に、ありがとうございました!

 

 

 

スー○ードクター?テレビ取材?

お正月休みも終わり、今日も忙しく診療しておりました。

 

受付のスタッフが、忙しそうに診療室を行ったり来たりする私を申し訳なさそうに呼び止め・・・・

 

「院長、なんだかテレビ局が取材にきたいという電話がありまして、FAX流すので、

読んでおいてほしいとのことです」と申し訳なさそうに言うのです。

「はあ?テレビ?」

「なんでも、スー○ードクターという東京のテレビ局が作っている番組があって、それに出演してほしいと言っていました」

 

いつも受付のスタッフは忙しい私を気遣ってくれる。

 

残念ながら、私は一切テレビ観ないのです。

 

そんな番組があるのか、ないのかも知らない。

 

FAXは届いておりました。

眼を通しましたが、よくわかりませんでした。

どうやら、私でなくてもいいみたい。

 

とくに私ではなくても、地域医療に根差しているドクターであれば、ということであった。

 

以前も、ある芸能人と対談してほしいと出版社から依頼を受けたけれど、べつに私でなくてもいいみたいで、よーく企画書読んだら、広告料を支払わないといけないとのことであった。

 

今回の件がそのようなものかどうかはわからなかったんだけれど・・・・ 

 

テレビにでるなんて、私にはとてもできない。

大体、私はとても恥ずかしがり人間。

赤面症。あがり症。

ビビりで小心者。

 

講演は全然大丈夫。

 

でも、テレビは苦手だ。

 

だから、受付のスタッフには、「今度電話がかかってきたら、院長は出演できないとのことでした」と伝えておいて、とお願いした。

 

なにしろ、私は忙しい。

自分の仕事は、歯科診療を通じて私を信じて来院していただいている患者さん一人ひとりにいい結果を出すことなのだ。

 

だから、テレビ取材などを受けるほどエネルギーに余裕はない。

 

受付のスタッフは「ハイ!わかりました!」と元気よく言ってくれたけれど・・・・きっと断りにくかったろうね。

ごめんね。

 

写真は10年くらい前の私の講演している写真です。

 

f:id:tsuchankaranotegami:20200109205335j:plain

 

2020年1月に立てた私の行動指針

新年あけましておめでとうございます。

 

私は毎年、どんな一年を過ごすのかを書き記し、毎朝朝礼の時にそれを見て、忘れないようにしています。

 

目標が達成できない原因というのは、その目標を忘れてしまうことにあります。

 

ですから、元旦に立てた目標がゴールデンウィークのころにはすっかり忘れ去られているということになってしまわないように、毎朝、見ることが必要なのです。

 

目標は本当は少ないほうがいいです。

そして、達成しやすいものがいいと思います。

 

あとは本当に本当に、心の底から自分がやりたいと思うこと、心からこみあげてくるものだけにしたほうがいいです。

 

人生で後悔しないこと、今の年齢でやっておかないといけないことを絞ったほうがいいです。人生は意外と短いかもしれません。先のことは予測できません。

 

だから、充実した毎日をおくるために、目標はないよりあったほうがいいと私は考えます。

 

そんなに目標だらけだと、きつくないか?と言われたこともあります。

いいえ、かえって楽です。やりたいことが明確化することで、毎日が充実するのです。

 

目標が見つからない人は、どうしたらいいのかというと、自分のなりたくない人生を考えてみることです。そちらに向かわないような年間目標を立てればいいだけの話なのです。

 

いつの間にか歳だけ重ねて、あとで、あれをやっておけばよかった、これをやっておけばよかった、でも、もう体がいうことを利かないので、あきらめた・・・

昔は良かった、昔の自分はこうだった、と言うのだけはゴメンです。

 

やりたいことをやるのが人生の醍醐味といえます。

今年も、自分らしく楽しく生きていきたいと思います。

 

以下、お正月に書き出してみたことです。

なんと欲張りな・・・・

~これでも一部抜粋しております~

行動指針
□ここに鶴田歯科医院があってよかったと地域の人から喜んでもらえる歯科医院を創る
□ぶれない自分であり続ける
□笑顔が素敵な人間・人柄になる。笑顔は幸福を招く
□いい雰囲気、良いオーラを出す人になる
□スタッフの能力は、医院の宝であることを常に心に置く
□自分より格上の人にはどん欲に学ぶ

□合わない人とは一切会わない

歯科医師・歯科衛生士の教育には力を注ぐ
□医療事故・交通事故を起こさないように目と心を配る

□講演はなるべく断らないで引き受ける(頼まれごとは試されごと)


目標(仕事編)
□「鶴田塾」でインプラントのハンズオンを実施する。
□歯科衛生士奨学金制度で奨学金受給奨励生を一人、採用する
歯科医師・歯科衛生士の採用を行う

臨床研修歯科医の地域医療実習ですべての受講生が「往診(地域連携)ができる歯科医師になる!」と思えるような実習を行う
□18:00に終わる診療オペレーションを行う

□4月12日つまようじ法のセミナーを成功させる
□5月31日 即時荷重研究会でいい発表をする
□5月は上海に行く(メガジェンインプラントワールドミーティング)
□6月から早春塾に参加して、立派な発表を行う


目標(自分編)
□3月に春スキーに行く
□GWは五島にバイクで旅に出る
□たいらば釣りに行って天然の鯛を必ず釣ってみせる

□愛車を乗り換え(もうすぐ10万キロ)

□3月31日までに新しい本の原稿を書いて上梓する

 

2020年もよい歳にしたいと思います。

 

 

 

 

 

2019年 やりきったこと それは・・・

2019年 師走

私にとってどんな歳だったのか。

f:id:tsuchankaranotegami:20191106082503j:plain

一番やり切ったなあ、と思ったのはインプラントを203本埋入をおこないました。

(もっとすごい先生はたくさんおられますが・・・)

 

どれだけのインプラントを行ったかというのはサビリティーノートといって、一本一本のインプラントのロット番号を記したステッカーを張り付ける管理帳があるので、一目瞭然なのです。

 

これまでの私のインプラントの本数を累計1265本になりました。

 

そんなことを言うと、「インプラントは数ではない、質で勝負!」という歯科医の先生から叱られそうです。

 

私はインプラント治療は経験も大事だと思います。

 

どんなに勉強して頭が切れる歯科医師でも手が動かなかったら、全然ダメです。

数は質に絶対に比例します。

 

ここ数年間、とてもインプラント治療を希望する人が増えてきたので、一人ひとりにあった治療方法や埋入ポジションにこだわってきました。

 

なぜ、このように症例数が伸びてきたのかということを自分なりに分析しました。

 

インプラントは骨に入れたら良いというものではなく、骨とインプラントが完全に結合する時間を短くすることや、術後に腫れや痛みを出さないことに注力したからではないかと思われます。

また、静脈内鎮静法を担当する歯科麻酔医の先生と術者である私との連携が年々うまくなっていき、最近ではほとんどの患者さんが完全に「寝ている」という感覚の中で手術が可能になったことなどがあります。

 

治療期間もちょっと前までは抜歯即時埋入インプラントで6~7か月かかったのに、ISQという測定器を導入し、埋入手術においてスキルアップしたことで、症例によっては、手術したその日に仮の歯が入るというところまで来ています。

 

早くて術後6週間で印象とって、抜歯即時埋入から最終補綴(フェイナル)まで2か月半でおわっちゃうことも多くありました。

 

こんな話をすると、また、同業の歯科医師からは「そんなことはない、骨とインプラントがくっつくまで最低3か月はかかる!だから、どんなに早く終わっても4か月だ!」とお叱りを受けることも考えておかないといけません。

 

一言いうなら、「世界は進んでいる」のです。

 

もう、抜歯即時インプラント埋入は当たり前、そして一次手術同時に即時プロビジョナル(仮歯)ということが十分可能になってきているのです。

 

それもスクリューでプロビジョナルをフィクスチャーに固定するのです。

プロビジョナルはいつつくるのか?って・・・・術中です。

 

嘘だろ?  いいえ、本当です。

今はそれも可能になりました。

 

来年5月31日、即時荷重研究会というインプラントスタディグループがあってそこで私は発表します。

 

いまから、とても、ビビッていますが、ワクワクしています。

 

また、来年は、インプラント治療においてもやりたいことがたくさんあって、一つずつそれを楽しんでやっていきたいと考えています。

 

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

12月30日 書斎から

 

文責 鶴田博文

 

 

 

 

院内で歯周病学のセミナーを行いました!

f:id:tsuchankaranotegami:20191204124729j:plain長崎大学歯学部 鵜飼孝先生をお招きし、歯周病学のセミナーを行いました。毎日、診療している時に気を付けることをたくさん教えて頂きました。ありがとうございました。次回は2/8土曜日16:30~予定しております。