2019年 やりきったこと それは・・・

2019年 師走

私にとってどんな歳だったのか。

f:id:tsuchankaranotegami:20191106082503j:plain

一番やり切ったなあ、と思ったのはインプラントを203本埋入をおこないました。

(もっとすごい先生はたくさんおられますが・・・)

 

どれだけのインプラントを行ったかというのはサビリティーノートといって、一本一本のインプラントのロット番号を記したステッカーを張り付ける管理帳があるので、一目瞭然なのです。

 

これまでの私のインプラントの本数を累計1265本になりました。

 

そんなことを言うと、「インプラントは数ではない、質で勝負!」という歯科医の先生から叱られそうです。

 

私はインプラント治療は経験も大事だと思います。

 

どんなに勉強して頭が切れる歯科医師でも手が動かなかったら、全然ダメです。

数は質に絶対に比例します。

 

ここ数年間、とてもインプラント治療を希望する人が増えてきたので、一人ひとりにあった治療方法や埋入ポジションにこだわってきました。

 

なぜ、このように症例数が伸びてきたのかということを自分なりに分析しました。

 

インプラントは骨に入れたら良いというものではなく、骨とインプラントが完全に結合する時間を短くすることや、術後に腫れや痛みを出さないことに注力したからではないかと思われます。

また、静脈内鎮静法を担当する歯科麻酔医の先生と術者である私との連携が年々うまくなっていき、最近ではほとんどの患者さんが完全に「寝ている」という感覚の中で手術が可能になったことなどがあります。

 

治療期間もちょっと前までは抜歯即時埋入インプラントで6~7か月かかったのに、ISQという測定器を導入し、埋入手術においてスキルアップしたことで、症例によっては、手術したその日に仮の歯が入るというところまで来ています。

 

早くて術後6週間で印象とって、抜歯即時埋入から最終補綴(フェイナル)まで2か月半でおわっちゃうことも多くありました。

 

こんな話をすると、また、同業の歯科医師からは「そんなことはない、骨とインプラントがくっつくまで最低3か月はかかる!だから、どんなに早く終わっても4か月だ!」とお叱りを受けることも考えておかないといけません。

 

一言いうなら、「世界は進んでいる」のです。

 

もう、抜歯即時インプラント埋入は当たり前、そして一次手術同時に即時プロビジョナル(仮歯)ということが十分可能になってきているのです。

 

それもスクリューでプロビジョナルをフィクスチャーに固定するのです。

プロビジョナルはいつつくるのか?って・・・・術中です。

 

嘘だろ?  いいえ、本当です。

今はそれも可能になりました。

 

来年5月31日、即時荷重研究会というインプラントスタディグループがあってそこで私は発表します。

 

いまから、とても、ビビッていますが、ワクワクしています。

 

また、来年は、インプラント治療においてもやりたいことがたくさんあって、一つずつそれを楽しんでやっていきたいと考えています。

 

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

12月30日 書斎から

 

文責 鶴田博文

 

 

 

 

院内で歯周病学のセミナーを行いました!

f:id:tsuchankaranotegami:20191204124729j:plain長崎大学歯学部 鵜飼孝先生をお招きし、歯周病学のセミナーを行いました。毎日、診療している時に気を付けることをたくさん教えて頂きました。ありがとうございました。次回は2/8土曜日16:30~予定しております。

風邪をひいてしまいました・・・・

水曜日の休診日に疲れた体を癒しに温泉に行きました。

 

8月から、ずっと講演や、主宰している勉強会や、勤務医の先生の学会発表のお手伝いなど、忙しくてろくに休みもなかったので、今日こそはしっかりと休養を取ろうと思ったのです。

 

温泉で何度も出たり入ったり、体や髪を念入りに洗ったり、すっかり体は芯から温まり疲れも取れたように感じました。

 

帰りがけ、いつもたくさんのお客さんが入っているマッサージ処をのぞいてみると、ラッキー!!!お客さんは少ないではありませんか!

 

早速、マッサージをしてもらうことに・・・・

いつもなら、40分なんだけど今日は奮発して60分で!とお願いしちゃいました。

 

ああー!日頃頑張っている腰や足や肩を、ゴイゴイ揉んでもらうと、最高の気持ちです。

 

20分くらいしたところから、なんか、寒気が・・・・

ああーそうか、マッサージ師の人が暑くならんようクーラー入っていることに気が付きました。

 

私は長湯しすぎたせいで、汗をたくさんかいている。

その汗のところにクーラーの冷気がかかる。

 

だんだん寒くなってきたのですが、なかなか言い出せなくって、そして、マッサージの気持ちよさに、気が付いたらぐっすり眠っていました。

 

実は前日、島原商業界のメンバーと会合、睡眠時間は短く、その日の朝は6時から諫早倫理法人会のモーニングセミナーに出席。

 

その後もこまごまと普段できない事務的な仕事をいくつかこなして、休憩もまったく取らずに温泉に来てしまったというワケなんです。

 

そのツケがマッサージ終了と同時に体に襲ってきました。

震えがきて、悪寒が持続。

すぐに、家に帰ってあったかくして睡眠をとることに。

 

すると喉が猛烈に痛みだしました。

やばいこれ、扁桃腺炎。

 

前はよくこれに悩まされていました。

4,5年ぶりくらいです。

一度、こうなると、もう大変。

 

倦怠感と熱発。

 

水分を多めに摂取し、加湿器をスタンバイ。

抗生剤を内服。

 

熱と倦怠感は翌朝になると、すっかりなくなっておりましたが・・・・

喉の痛みは鎮痛剤でコントロールしましたが、声がかすれています。

 

出勤したら、スタッフのみんなが、もう喋らんでいいので・・・と気を遣わせてしまいました。

 

木曜日、金曜日、土曜日となんとか、がら声で仕事をしましたが、ずっと喉の痛みは鎮痛剤でコントロールしていました。

 

そして今日は日曜日。

とにかく朝からずっと寝てました。

ずいぶん体調はいいのですが、寝ていました。

 

大きく深呼吸をしてフトンに寝ていると、なんでこうなったのか、理解することができました。

 

倫理法人会の教えの中に、「病気は生活の赤信号」という言葉があります。

 

ああーそれだ、それ!

 

体調悪化の根源にあるもの、それは多忙な生活だったのです。

「あれもしたい」、「これもしたい」とわがままの度が過ぎ、それが、体に扁桃腺炎という形で現れたにすぎなかったにちがいありません。

 

つまり、病気は疫病神ではなく、「これはありがたい自然の注意、すなわち天の与えた赤信号であるから、喜んでうけて、間違いを直すべきである」と万人幸福の栞に書いてあったのを思い出したのです。

 

実は、この11月3日、4日の連休は予定を入れていました。

f:id:tsuchankaranotegami:20191103212109j:plain

 

 

実は、とても大事な友人と久しぶりに一緒に、疾走する約束をしていたのです。

 

しかし、この扁桃腺炎のおかげで、その友人と会うことはできませんでした。

私も友人も、一緒に疾走することを、とてもたのしみにしていました。

 

でも、あまりの喉の痛みに約束は果たせませんでした。

泣く泣く電話して謝りました。

 

でもハレ友は、「よかバイ、ドンマイ!」と明るく言ってくれました。

(本当に申し訳なくて涙が出そうでした)

 

もし、私が扁桃腺炎になっていなかったら、話をろくにできないほどの喉の痛みがなかったら、たぶん、それを圧してその友人と一緒に過ごしたでしょう。

 

そしたらきっと、もっととんでもない体の不調へと発展したかもしれませんし、なにか重大な事故を起こしていたかもしれません。

 

「病気は生活の赤信号」

 

今回のことは、自分と、周りと、そして生活を見直す良い機会になりました。

 

今日は3日ぶりに喉の痛みから解放され、ようやく話ができるようになりましたが、無理をしないで、明日までしっかりと休養をとりたいと思います。

 

あした11月4日(祝)は17:00からFM諫早レインボーFM) 「社長さんいらっしゃい」 という番組に初出演します。

 

声がでないと、お仕事になりませんので、番組までなるべく声を出さずに、喉をいたわりたいと思います。

 

皆様もこれから風邪が流行る時期なので、お大事に。

のど飴なめたら、歯磨きを!

 

文責 鶴田博文