院内で歯周病学のセミナーを行いました!

f:id:tsuchankaranotegami:20191204124729j:plain長崎大学歯学部 鵜飼孝先生をお招きし、歯周病学のセミナーを行いました。毎日、診療している時に気を付けることをたくさん教えて頂きました。ありがとうございました。次回は2/8土曜日16:30~予定しております。

風邪をひいてしまいました・・・・

水曜日の休診日に疲れた体を癒しに温泉に行きました。

 

8月から、ずっと講演や、主宰している勉強会や、勤務医の先生の学会発表のお手伝いなど、忙しくてろくに休みもなかったので、今日こそはしっかりと休養を取ろうと思ったのです。

 

温泉で何度も出たり入ったり、体や髪を念入りに洗ったり、すっかり体は芯から温まり疲れも取れたように感じました。

 

帰りがけ、いつもたくさんのお客さんが入っているマッサージ処をのぞいてみると、ラッキー!!!お客さんは少ないではありませんか!

 

早速、マッサージをしてもらうことに・・・・

いつもなら、40分なんだけど今日は奮発して60分で!とお願いしちゃいました。

 

ああー!日頃頑張っている腰や足や肩を、ゴイゴイ揉んでもらうと、最高の気持ちです。

 

20分くらいしたところから、なんか、寒気が・・・・

ああーそうか、マッサージ師の人が暑くならんようクーラー入っていることに気が付きました。

 

私は長湯しすぎたせいで、汗をたくさんかいている。

その汗のところにクーラーの冷気がかかる。

 

だんだん寒くなってきたのですが、なかなか言い出せなくって、そして、マッサージの気持ちよさに、気が付いたらぐっすり眠っていました。

 

実は前日、島原商業界のメンバーと会合、睡眠時間は短く、その日の朝は6時から諫早倫理法人会のモーニングセミナーに出席。

 

その後もこまごまと普段できない事務的な仕事をいくつかこなして、休憩もまったく取らずに温泉に来てしまったというワケなんです。

 

そのツケがマッサージ終了と同時に体に襲ってきました。

震えがきて、悪寒が持続。

すぐに、家に帰ってあったかくして睡眠をとることに。

 

すると喉が猛烈に痛みだしました。

やばいこれ、扁桃腺炎。

 

前はよくこれに悩まされていました。

4,5年ぶりくらいです。

一度、こうなると、もう大変。

 

倦怠感と熱発。

 

水分を多めに摂取し、加湿器をスタンバイ。

抗生剤を内服。

 

熱と倦怠感は翌朝になると、すっかりなくなっておりましたが・・・・

喉の痛みは鎮痛剤でコントロールしましたが、声がかすれています。

 

出勤したら、スタッフのみんなが、もう喋らんでいいので・・・と気を遣わせてしまいました。

 

木曜日、金曜日、土曜日となんとか、がら声で仕事をしましたが、ずっと喉の痛みは鎮痛剤でコントロールしていました。

 

そして今日は日曜日。

とにかく朝からずっと寝てました。

ずいぶん体調はいいのですが、寝ていました。

 

大きく深呼吸をしてフトンに寝ていると、なんでこうなったのか、理解することができました。

 

倫理法人会の教えの中に、「病気は生活の赤信号」という言葉があります。

 

ああーそれだ、それ!

 

体調悪化の根源にあるもの、それは多忙な生活だったのです。

「あれもしたい」、「これもしたい」とわがままの度が過ぎ、それが、体に扁桃腺炎という形で現れたにすぎなかったにちがいありません。

 

つまり、病気は疫病神ではなく、「これはありがたい自然の注意、すなわち天の与えた赤信号であるから、喜んでうけて、間違いを直すべきである」と万人幸福の栞に書いてあったのを思い出したのです。

 

実は、この11月3日、4日の連休は予定を入れていました。

f:id:tsuchankaranotegami:20191103212109j:plain

 

 

実は、とても大事な友人と久しぶりに一緒に、疾走する約束をしていたのです。

 

しかし、この扁桃腺炎のおかげで、その友人と会うことはできませんでした。

私も友人も、一緒に疾走することを、とてもたのしみにしていました。

 

でも、あまりの喉の痛みに約束は果たせませんでした。

泣く泣く電話して謝りました。

 

でもハレ友は、「よかバイ、ドンマイ!」と明るく言ってくれました。

(本当に申し訳なくて涙が出そうでした)

 

もし、私が扁桃腺炎になっていなかったら、話をろくにできないほどの喉の痛みがなかったら、たぶん、それを圧してその友人と一緒に過ごしたでしょう。

 

そしたらきっと、もっととんでもない体の不調へと発展したかもしれませんし、なにか重大な事故を起こしていたかもしれません。

 

「病気は生活の赤信号」

 

今回のことは、自分と、周りと、そして生活を見直す良い機会になりました。

 

今日は3日ぶりに喉の痛みから解放され、ようやく話ができるようになりましたが、無理をしないで、明日までしっかりと休養をとりたいと思います。

 

あした11月4日(祝)は17:00からFM諫早レインボーFM) 「社長さんいらっしゃい」 という番組に初出演します。

 

声がでないと、お仕事になりませんので、番組までなるべく声を出さずに、喉をいたわりたいと思います。

 

皆様もこれから風邪が流行る時期なので、お大事に。

のど飴なめたら、歯磨きを!

 

文責 鶴田博文

 

 

 

岩手の友人が訪ねてきてくれました!

先日、岩手医科大学時代の友人が訪ねてきてくれました。

佐藤奨君といいます。

彼は、同じクラスの友人で、20年前に私の結婚式まで来てくれました。

 

今は花泉というところで開業しています。

中央歯科クリニックといって、地元ではとても盛業している歯科医院を運営しています。

学生時代はよく一緒にスキーに行ったり、鍋をやったり、飲みにもよーく行っておりました。

 

f:id:tsuchankaranotegami:20191001123230j:plain

私の医院に見学に来ていただきました。

f:id:tsuchankaranotegami:20191001123313j:plain